面倒な外食よりもデリバリー|美味しさ満点のバーミヤン情報

食事

併せて食べる

野菜

食べるときに気をつけたいこと

甘くて美味しい緑黄色野菜の代表選手といえば、にんじんが一番に浮かんできます。生でも加熱しても甘さを損なわずにいただけるのが魅力です。最近ではスムージーのメイン材料として野菜ジュースで摂取する機会も増えてきましたが、その際に注意したいことをご紹介します。にんじんにはビタミンがたくさん含まれていますがジュースにしたときになるべく栄養成分を損なわないようにするため、加熱をすることはオススメできません。味が気になる場合には果物と混ぜれば味がますます甘くなり、にんじん独特の風味がうまく中和されます。トマトと一緒に摂取すれば老化防止に期待できるなど、野菜同士での食べ合わせもにんじんにとっては欠かすことのない長所です。

にんじんに関する豆知識とは

にんじんにはあまり世の中に広まっていない、知っていると便利な豆知識がたくさんあります。にんじんの主な栄養成分といえばベータカロテンですが、実は皮に多く含まれているのです。離乳食に使用したり、食感を重視したりする場合以外は皮も良く洗って一緒に食べるようにしましょう。また、にんじんは型抜きが可能なため食べるのが苦手な子どもには花型など可愛い姿にしてみると意外と受け入れてもらえます。酸味との相性がいいので、味が苦手な場合は柑橘類やヨーグルトなどを合わせてみると独特の香りを消すことができます。また、保存は袋に入れて冷蔵保存にしますがヘタから葉が生えてきてしまった場合は、栄養が葉にどんどん吸われてしまうので最初にヘタを切り取ってから冷蔵庫に入れるようにしましょう。このようにどの料理にも使うことができ、栄養価の高いにんじんはスーパーなどで購入することができます。しかし、インターネット通販サイトでも購入することができるので積極的に活用し、にんじんで栄養を補うと良いでしょう。

Copyright© 2016 面倒な外食よりもデリバリー|美味しさ満点のバーミヤン情報 All Rights Reserved.